•   お問い合わせはこちら

なんでしつけは必要なの?

犬のしつけというと、どんなことを思い浮かべますか?
 
「おすわり」「ふせ」「おて」
こういった一発芸(トリック)をまず先にピンとくる方が多いのではないでしょうか?
  


実は、そういったトリックではなく、わんちゃんのルールや環境に馴染む
「社会化」というしつけが、1番大切なんです。
 


「吠える」「粗相」「噛む」「怖がり」…などなど
人が困ってしまう行動(問題行動)を、なぜわんこはするのでしょうか?
▶ 困った行動・トラブル一覧
それは、人にルールを教えてもらっていないからです。
a87c8f80909986f1a7e6e2fc6694dcfc
 
当然のことながら、人と犬は種別が違うため言葉が通じません
だからこそ、1つ1つ教えてあげないと、何がよくて何がだめなのか、分かりません
 


例えば、言葉の通じない赤ちゃんは泣くことで親に何かを訴えます。

おトイレなのか、お腹がすいたのか、寂しいからでしょうか?

 
親が赤ちゃんの気持ちをが汲み取って、お世話をしてあげますよね

 
まったくわんこも同じで、なぜ吠えたのか?なぜイタズラしたのか?
気持ちを汲み取ってあげ、暮らす上でのルールを教えてあげることで
わんこも理解し、困った行動をしなくなっていきます。
 
そして、犬の目線に立ちルールを教えてあげる(しつけ)中で
コミュニケーションを取り、絆が深まっていきます。
 

その絆は、人にも犬にも健康的に、暮らすことに繋がっていきます。

お互いに気持ちを理解し、改善することで人もわんこもストレスなく
楽しく暮らしていくことが、しつけが大切な理由の1つです。
3775
「しつけって自分でどうしたらいいか分からない」
「他の人に迷惑かけてないし、このままでもいいかな」
「今は大丈夫だし、これからもずっと大丈夫でしょ?」
 
そんなことは、ありません。
 
 
 
 
先述したように、お子さんがいるご家庭ならわんちゃんのしつけはお子様と同じように接してあげてください。
褒めるポイントを掴んでしまえば、どんなことも同じことの繰り返しです。
 
 
 
本当に、他の方に迷惑をかけていないでしょうか?
獣医さんやトリマーさんに怒ったりしていないでしょうか?
 
 
 
診察やトリミングでそわそわしてしまう子は、
プロの方の負担も、わんこ自身の負担も増えることになり、
また時間がかかった分、まだ診察を待っている子達がどんどん時間が遅れて苦しい時間が長引いていきます。
 
 
今は大丈夫!と思っていても、環境が変わったり自我の芽生え
老化が始まったり、大きなストレスがかかり咄嗟に本能がむき出しになった場合、
わんこは突然、急変することだってあります。
 


トレーニングに慣れていることで、気持ちを抑制できたり老化を予防することができます
o0270048013789615575
関東ではずいぶんわんちゃん(補助犬及びいわゆるペットの子)と
一緒に入れるカフェやお店、しつけに関する施設にが増えている一方で
関西では、まったく習慣化・認知されていないのが現状です。
 
 
独立する前にスタッフとして勤務していた時も、
「犬の幼稚園なんかあるん?!」とよく言われたものでした。
 
 

でも、相談しに来てくださった方々の中には
・わんちゃんの問題行動が原因で引っ越し、リフォーム
・ご近所トラブルになり、声帯を摘出手術
・脱走してそのまま帰ってこなかった、事故にあっていた
・せっかくワンコを連れておでかけしたけど、吠えがひどくて断られてしまった
といった事例も、実際にあります。
 
 

問題・トラブルが起きてしまってからでは、遅いのです。
気づいたら困り果てて、自らの手でわんちゃんを保健所へ引き渡すことになりかねません…
 
愛護センターときくと、ずっと保護してくれる場所だと思っている方もいらっしゃいますが
運よく里親にでるのも数割、2週間までしか預かってくれません。
 
 
センターや愛護団体、個人保護の方が頑張ってくださったおかげで
数年前には年20万頭と言われていた数も、近年では5万頭程まで減りました。
 
 
しかし、それでも毎日何百頭もの命が、人の手でお空に旅立っています。

 
それらの多くは、引き渡しによる人が”知らない”ことが原因だと、思います。
・しつけ方を知らない、相談するところを知らない
・褒め方、叱り方を知らない
・わんちゃんがしてもいいこと、悪いことを教えてもらってないから知らない
・わんちゃんの特性・本能を知らない
・施設の現状を知らない
・診察、トリミング等の施設に行く際にも負担がかかっていることを知らない
・ちゃんとしたケアの仕方を知らない
・最近は20年ちかく長生きすることを知らない
 
 
”知らない”ことを”知っている”ことにするだけで、改善することは多くあります。
 
 
 
Cliffでは、上記のことを踏まえて保護犬のわんちゃんにはお安くご提供しております♪
また、成犬やシニア犬からでも大丈夫!
少しでも長く、わんちゃんと共に楽しい暮らしをするために、ぜひCliffにお任せください

▽その他ご相談・予約はこちらから▽

******************

わんこのサービス *Cliff*

西神戸 犬のしつけ専門店

RESERVA予約システムから予約する

わんこ園*平日9:00-17:00/営業9:00-21:00

fb-i insta-i line-i twi-i you-i

 

 

 わんちゃんのストレス反応、ちゃんと気づいてる?

 ⋙*。 Read More

 子犬の飼い方 -3か月~1年-

 ⋙*。 Read More

 犬を飼う心構え -本当に飼える?環境、飼育費、介護-

 ⋙*。 Read More

 犬を飼うにあたっての飼い主の義務

 ⋙*。 Read More

 老化現象に気づいてあげよう!老犬の飼い方の注意点とは?

 ⋙*。 Read More

 知っておきたい!ブラシの使い分け♪

 ⋙*。 Read More

 4つの生活スタイルに合うワンちゃん

 ⋙*。 Read More

 しつけは子犬の時期の8~16週が大事!

 ⋙*。 Read More

コラム一覧へ戻る
  • LINE査定
  • 写メ査定
  • 宅配査定

お問い合わせ・予約はこちらから

お客様情報

わんちゃんのお名前 (漢字・英語)*
わんちゃんのお名前 (カナ)*
電話番号*
※ 市外局番から半角入力
メールアドレス*
※ 英数字半角
郵便番号*ハイフンなし
住所*
自動入力以下も入力ください
犬種*
※ 略語・通称可
性別
希望コース*
希望日時*
※ クリックして日時を指定してください
詳細情報・備考

下記の情報をご入力ください。

※希望日時・時間を相談させて頂く場合もございます。

以上の内容で、送信してもよろしいですか?よろしければ、チェックしてください

上記必須項目をすべてご入力の上、情報を送信頂くと申込完了となります。
確認ができ次第、買取り担当よりご連絡を差し上げます。
ご注意)
ヤフーメールやホットメールなどのフリーメールアドレスの場合、
弊社からの返信メールが迷惑メールフォルダに入ってしまう事やメールが届かないケースが報告されております。
その他のメールアドレスにてご登録頂くか、迷惑メールフォルダ内をご確認ください。
届いていない場合はお手数ではございますが、ご一報下さいませ。
また、携帯電話用メールアドレスへの送信の場合、ドメイン指定受信設定を行っ てください。


  • ご予約はこちら

  • バイヤーのコラム集



  • 今月のオススメ動画

    • 華club

    今年のイベント情報
    5.12 BsペットDAY
    3.18 家原マルシェ IN 小野2日間
    3.15 ドッグカフェマナー講座②
    2.24 命の講演会 IN 岡山
    2.15 ドッグカフェマナー講座①
    店舗情報
    店舗名:Cliff わんこのサービス
    犬の幼稚園わんこ園:9:00-17:00
    ※土日祝完全予約制
    出張時間:(9:00-) 17:30-21:00
    対応範囲:
    神戸市:西区,須磨区,垂水区,長田区,北区,兵庫区,中央区
    明石市,三木市,小野市,加古川市,高砂市,加西市,加東市,稲美町,播磨町
    http://wanko-service.com
    運営事業者情報
    事業部所在地 〒651-2276
    神戸市西区春日台7-11-3
    動物取扱責任者
    訓練:神保保 第0914009号