•   お問い合わせはこちら

子犬の飼い方 -3か月~1年-

犬は1年間で急激に成長

犬の1歳は、人間でいうと17歳ぐらい。犬はたった1年で大人になるので、その間の変化は急激です。

まだ子犬と思って、しつけや健康管理を怠っているとあとで苦労します。この時期にしつかり育てておくと残りの10年以上、とてもよい関係が保たれます。

やっておかなければならないことも多い時期ですが、犬の成長を楽しみながら1年を乗り切りましよう。

 

 

子犬の健康管理と食事について

3か月ぐらいの子犬は、まだまだ体力が十分ではありません。睡眠をしつかりとらせ、体重の変化に応じて食事の量に気を配ります。短期間にグングン成長するので、高カロリーの子犬用フードを与えます。

ミルクを与える場合は、人間用ではなく犬用にしましよう。

また、食事の回数は徐々に減らしていく時期ですが、下痢をするようならまだ1回量が多すぎてうまく消化できないのかもしれないので、あせらず、ゆっくりようすを見ましよう。

 

体のサイズや健康状態、成長速度にも個体差があります。「生後〇日から食事は2回」と一概に決められるわけではありません。

この時期は、飼い主が冷静に犬のようすを観察し、成長の段階に合わせて徐々に子犬のころから、体のいろいろなとこ対処していくことが大切です。

まだ本格的な散歩はできないので、部屋の中やべランダで日光浴を十分にさせを ます。

また、まだ自分で体温調節がうまくできません。寒い時期には、犬用ヒーターや毛布をハウスに人れたり、エアコンなど安全な暖房器具をつけて、室温は15~20℃ぐらいをキープします。

ハウスを毛布で覆うのもよいでしよう。

 

 

 スキンシップをたっぷりと

 

 

子犬の頃から、身体の色々なところを触って慣らしていくことは、その後、グルーミングやトリミング、動物病院の診察を受けやすくします。

人懐っこい愛らしい性格を形成するためにも、スキンシップは欠かせません。

 

仰向けにさせてをお腹を撫でたり、口をあけて歯のチェックをしたり、目ヤニをふいてやったりしているうちに、犬もだんだん怖くないことを学んでいきます。

最初は抵抗することもありますが、徐々に慣れていきます。飼い主さんが触ってもされるがままになれば将来も苦労しにくくなります。

慣れてきたら、ブラッシングやつめ切りなどもはじめます。ただし、前足だけを持って抱き上げたり、お腹を強く庄迫するように抑えたりしない事。

また、あまりしつこく抱いたり撫でたりしていると依存心の強い関係になってしまうので注意してください。

 

なお、人を怖が外に出ていろんな人に触られる機会をもらったり、家に知人を呼んで可愛がってもらうと人なれも早いでしょう。

 

 

 

スキンシップのコツ

1.犬と目線を合わせ、褒めながら触る

手の甲から匂いを嗅いでもらい、首から胸を優しくなで、それができたら後頭部から背中へ。

2.触ってほしいところを触る

下からを意識しながら、背中や脇腹、お尻などを末端にかけるまでを触る

3.徐々に、触ってほしくないところも平気に

耳や口、足先など末端は苦手な犬が多い。しかし、健康チェックのためにも末端を触れるようになっておこう

 

 

狂犬病予防接種と混合予防接種

 

飼い主には、生後90日を過ぎた犬に対して狂犬病予防接種を受け、畜犬登録をする義務があります。

また、狂犬病以外にも、外には危険な感染症のウイルスや細菌がいつばい 。ジステンパーやパルボウイルス感染症など、命にかかわる恐ろしい感染症 もあります。

法的に義務づけられているワクチン接種は人にも感染する狂犬病だけですが、そのほかの感染症を予防するためのワクチン接種もぜひ受けてください。

 

ワクチンは、複数の感染症を予防する混合ワクチンが一般的です。

3種混合、5種混合、7種混合などがあります。どの種類を接種するかは、地域や生活環境によっても違います。

たとえば、特定の環境下でしか発病しないような感染症もあるからです。いずれしにしても、獣医師とよく相談して決めましょう。

 

ワクチンを受ける時期は、生後60日と生後90日頃の2回が一般的です。

子犬は生まれたとき、母親から感染症に対する免疫を受け継いでいますが、これが切れる時期がだいたい生後50~90日ぐらいと幅があります。

生後60日でワクチンを接種したとしても、その時点で母親からの免疫が切れていなければ、そのワクチンは無効になります。そこで、8日でもう一度、ワクチンを打つわけです。

また、3回目のワクチンをすすめる場合もあります。これは、子犬が母犬と離れた時期やその地域で最近感染症の発生や流行が見られる場合などにより、獣医師が判断します。ですから、動物病院は自宅から近いところを選ぶとよいでしよう。

 

 

生後60日のワクチンは、ペットショップやプリーダーが接種させている場合が多いようですが、必ず確認をとりましょう。接種証明書で日を確認し、獣医師と相談して次の接種日を決めます。

もし、体調が悪いようなら、中止してようすを見るようにします。

生後日の2回目のワクチンが終わったら、外出できますが、ワクチンが完全に効くまでには2~3週間ほどかかります。散歩していい時期については、やはり獣医師さんに相談してください。

ただ、まったく外に出ないと、社会化時期と被っているため、音や犬などにとても敏感になり臆病な困った犬になりやすいです。

地面を歩かせずに、抱っこで数分だけでも外の空気を知っていると、環境への順応力が付きやすいです。

その後は、基本的に1年に1回、混合ワクチンの追加接種を受けることになります。

 

 

 

生後3か月ごろから本格的なしつけを

 

生後3か月頃からは、ハウス、トイレなどの日常のしつけ以外に、様々なトレーニングを始めましょう。

基本的なしつけは、だいたい6か月ぐらいまでにしておきましょう。

もちろん、成犬になってからもしつけは可能ですが、成長すればするほど難しくなっていきます。

 

 

3ヶ月~1年の身体と健康

 

3か月・・・第2回混合ワクチン接種。乳歯から永久歯の生え変わりがはじまる。

4か月・・・獣医師と相談し、本格的な散歩を開始。狂犬病予防接種

5か月・・・先天性の異常があれば現れ始める頃。健康チェックを怠らないようにしよう

6か月・・・永久歯が生えそろう

6か月~1年・・・早くて6か月、遅いと1年以上たってから発情がはじまる。

メスはヒート、オスはマーキング、マウンティングがはじまる。

 

 

年齢に応じた接し方を

 

犬は人間の何倍ものスピードで成長し、老いていきます。

いつまでも赤ちゃん扱いせず、年齢に応じた接し方が必要です。

たとえば、小型犬を抱っこばかりしていれば運動不足になり、甘やかしていれば、我儘な犬になってしまいます。子犬の時期が過ぎたら、運動もしっかりさせ、悪いことをしたらダメだということも教えていかなければなりません。

また、7~8歳ごろから成犬からシニア犬への徐々に移行し始めていきます。無理に外に連れ出したりせず、体調を見ながらいたわってあげましょう。

 

 

 

3~6か月で歯が生え代わる

 

 

犬の乳歯は生後3か月頃から抜けはじめ、代わりに永久歯が生えはじめます。

この頃、 いたずら盛りで、家具やスリッパ、クッションなどいろいろなものを齧るかもしれません。

「ダメ」と叱り、代わりにかじってもいい犬用のガムやおもちゃを与えましょう。

目が届かないところでどうしてもいけないものをかんでしまう場合は、犬の嫌いな苦味のあるスプレーをふきつけておくという方法もあります。 スプレーはペットンヨップなどで数種類が市販されています。

 

なお、乳歯が抜けないうちに永久歯が並んで生えてくる場合があります。ときどき、ロを開けてチェックしてください。放置しておくと、食べ物のカスがたまつたり、かみ合わせが悪くなるので、獣医師さんに相談し、場合によっては抜歯しなくてはなりません。

 

 

初めての散歩は家の近所から

 

生後3か月半~4か月ぐらいで、獣医師の許可がおりたら、地面の上を歩かせても大丈夫です。

ただ、初めて本格的に外に出た子犬は、さまざまな反応をします。首輪やリードをはずそうともがいたり、

緊張してうずくまったまま歩けなかったり、人の足にじゃれついてきたりと、スムーズには歩けないケースがほとんど。徐々にしつけと慣れによって、うまく歩けるようになっていきます。

 

なお、最初のうちからあまり無理をさせると、散歩嫌いになることがあります。また、急に犬がたくさんいるところに連れて行き、怖い思いをすると、その後慣らすのに時間がかかります。

最初は家の近所を少しずつ歩く程度でいいでしょう。とにかく、環境に慣れさせることを第一に考えて、徐々に距離をのばしていきます。

 

 

 

本格的な運動は体が成長してから

 

散歩と同時に、運動も徐々に取り人れていきますが、自転車で引っ張るなどの運動は、体がきちんとできあがってからにしましよう。

特に、固いアスファルトの上での激しい運動は足を痛めるもとになります。なるべく、やわらかい地面の上での運動がおすすめです。

 

 

初めて地面を歩かせる前に

子犬を飼って、いちばんワクワクするのは、初めての散歩。

生後3か月半~ 4 か月ぐらいで、獣医師さんからO Kが出たら地面に下ろしても大丈夫。その前に少し、リードをつけて室内で歩く練習もしておこう。

 

1.音やにおいに慣れさせる

地面には下ろさないよう抱いて外に出て、徐々に外の世界に慣れさせる。

車や電車の音、ほかの犬の鳴き声、子どもの声、また、さまざまなにおいなどに慣らしておくと、散歩のときの恐怖心がやわらぐ

2.人に慣れさせる

子犬を抱いて外に出ると、いろいろな人に話しかけられます。犬好きな人にはぜひ触ってもらおう。

そうすることで人間を怖がらないフレンドリーな犬になっていきます。

3.車に慣れさせる

将来、犬を連れていろいろなところに出かける予定なら、子犬のうちに少しすっ車に乗ることに慣れさせておきましょう。

もちろん、最初は短い時間から。車に乗ることが楽しいと思えるよう、車内で遊んであげるとよいでしょう

4.首輪に慣れさせる

初めての首輪は、犬にとっては違和感のあるもの。嫌がって、はずそうともがくことも。

初めての散歩の前に家の中でつけてみて、あまり嫌がるようなら、最初は軽いリボンなどからはじめて慣らしてあげよう。上手につけられたら、おやつを与えてほめよう。

コツは、先に首輪やリボンのにおいをかがせて、安心させ、首輪を持ちながら撫でてあげるところから始める事です。

 5.リードを慣れさせる

首輪と同様、はじめてのリードは犬にとって不審な物。

最初はリードをたるませて持ち、おもちゃやおやつで呼び寄せ、手元まで来たらほめてあげる。

 

 

 新生児期~性成熟期の子犬の成長期

 ⋙*。 Read More

 ドッグフードの選び方とは?

 ⋙*。 Read More

 犬の食事・ご飯の与え方

 ⋙*。 Read More

 犬と暮らす幸せ、暮らすことで得る8つこと

 ⋙*。 Read More

 プロが勧める首輪とは?わんこにあった首輪選びを!

 ⋙*。 Read More

 インスタ映えする写真を!6つのコツで愛犬を可愛く撮ろう

 ⋙*。 Read More

 4つの生活スタイルに合うワンちゃん

 ⋙*。 Read More

 犬の1年*四季に応じた健康管理

 ⋙*。 Read More

コラム一覧へ戻る
  • LINE査定
  • 写メ査定
  • 宅配査定

お問い合わせ・予約はこちらから

お客様情報

わんちゃんのお名前 (漢字・英語)*
わんちゃんのお名前 (カナ)*
電話番号*
※ 市外局番から半角入力
メールアドレス*
※ 英数字半角
郵便番号*ハイフンなし
住所*
自動入力以下も入力ください
犬種*
※ 略語・通称可
性別
希望コース*
希望日時*
※ クリックして日時を指定してください
詳細情報・備考

下記の情報をご入力ください。

※希望日時・時間を相談させて頂く場合もございます。

以上の内容で、送信してもよろしいですか?よろしければ、チェックしてください

上記必須項目をすべてご入力の上、情報を送信頂くと申込完了となります。
確認ができ次第、買取り担当よりご連絡を差し上げます。
ご注意)
ヤフーメールやホットメールなどのフリーメールアドレスの場合、
弊社からの返信メールが迷惑メールフォルダに入ってしまう事やメールが届かないケースが報告されております。
その他のメールアドレスにてご登録頂くか、迷惑メールフォルダ内をご確認ください。
届いていない場合はお手数ではございますが、ご一報下さいませ。
また、携帯電話用メールアドレスへの送信の場合、ドメイン指定受信設定を行っ てください。


  • ご予約はこちら

  • バイヤーのコラム集



  • 今月のオススメ動画

    • 華club

    今年のイベント情報
    5.12 BsペットDAY
    3.18 家原マルシェ IN 小野2日間
    3.15 ドッグカフェマナー講座②
    2.24 命の講演会 IN 岡山
    2.15 ドッグカフェマナー講座①
    店舗情報
    店舗名:Cliff わんこのサービス
    犬の幼稚園わんこ園:9:00-17:00
    ※土日祝完全予約制
    出張時間:(9:00-) 17:30-21:00
    対応範囲:
    神戸市:西区,須磨区,垂水区,長田区,北区,兵庫区,中央区
    明石市,三木市,小野市,加古川市,高砂市,加西市,加東市,稲美町,播磨町
    http://wanko-service.com
    運営事業者情報
    事業部所在地 〒651-2276
    神戸市西区春日台7-11-3
    動物取扱責任者
    訓練:神保保 第0914009号